お知らせへ戻る
北海道便り
2017年度 東日本ヤマハOB会 北海道支部総会
支部長 中山啓司
        今年の北海道支部総会は底冷えのする曇り空の中、札幌駅に近い「TKPガーデンシティ札幌駅前」にて
        5月13日(土)午後5時30分から開催されました。
        参加人数24名 委任状22名 未回答5名 (総勢51名 参加率90%)
    
   冒頭司会から総会成立宣言の後、
   支部長の私から会に出席いただいたこと並びに
   昨年度の活動に多くの方が積極的に参加頂いたことに
   対して御礼の挨拶と、
   併せて総会議事についてしっかり審議頂きたい旨を
   お願いいたしました。
 中山支部長
        
    続いてご来賓の東日本ヤマハOB会
    張替会長からのご挨拶では、
    一昨日開催された東日本OB会総会の報告、
    その中でもとりわけ連合30周年記念の事業取組み、
    役員改選に伴う人事などを中心にお話をいただきました。
張替会長 
    また連合から和久田事務局長にも列席いただき、
    ヤマハの近況・技術イノベーション開発棟の建設投資
    ヤマハ野球部の盛り上がり、
    さらには音楽教育の現場からの演奏著作権料徴収に対する
    反対署名活動のお願いなど話をしていただきました。
 和久田事務局長
 総会の議事は、
  ①昨年度の活動報告
  ②決算、監査報告
  ③今年度の活動計画案
  ④予算案が一括審議され承認されました。
 今年度は役員改選の期で
  議長から新任幹事1名、退任幹事1名、
  他は全員留任の案が提示され承認されました。
 続いて今年度新たに取り組む活動計画として
  1)
道産子通信の開設案 会員の日頃の活動、
  とりわけ域域社会への奉仕などを積極的にしている人を
  ホームページ上で紹介する。
  これを年に3回、各回3
名程度を紹介し会員への啓蒙を図りたい。
  2) 連合30周年記念事業案
  きたこぶし記念碑の改修、農園作業ユニフォームの作成、
  ゴルフ部会用の記念ロゴ入りマーカー作成、
  プロジェクターの購入などが提案されいずれも承認されました。
    
懇親会の乾杯 前々支部長 森 卓郎  山本  池田  奥谷  山河  長谷川  中澤
            議事は以上で終わり引き続き同会場の宴会場にて 懇親会が行われました。
            おなじみの出席者の近況報告はいつもの如く盛り上がり、あっという間の2時間が終了。
            2次会 すすきの にも10名弱がなだれ込み無事終了の一日でした。
石井  伊藤  高橋 辻村  木下 新谷  菊地
石尾  北村 丸橋  中山支部長  張替会長 山岸  石尾  上林

    


このページの始めへ戻る


























2017.05.31 作成 長尾