道産子通信TOPへ戻る

会員の広場 へ戻る
道産子通信 No.3
辻村輝夫さん
 
取材 文  杉野 俊郎 新谷 之尋
辻村さんと 杉野どさんこ通信編集長 辻村さんと 取材担当の新谷さん
 今回の取材場所は札幌市南区の「砥山(とやま)ふれあい果樹園」へ、
 市が推進する「砥山農業小学校」で指導員を務める我等が
OB会北海道支部ヤマハファーム農場長辻村輝夫さんをお尋ねしました。
                               
 辻村さんと言えば筆者が新入社員で北海道支店へ配属になった時、ピアノ技術で「塗装の辻村」と言われた名工でした。
 ご本人に伺うとヤマハ野球部(本社勤務)からピアノ技術(東京支店)・北海道支店・広島支店に勤務され再度北海道支店へ、
 技術・営業・総務畑を歩いてこられました。
 長い札幌勤務で定年は北海道事業所で迎えられました。「北海道が好きだから」という理由で、以降札幌永住を決められているとの事。
                               
 定年後すぐに市の主催する「札幌農学校」へ入学、2年間の過程を終了。
 その後、札幌市農政部からの協力依頼(ボランティア)を受け、現在の「砥山農業小学校指導員」を10年もの間続けられています。
    
 
 訪問日は本年度第5回目の農業小学校開校日
(5月から年6回実施)、
 砥山ふれあい果樹園でのリンゴの葉摘みと
 プルーンの収穫実習、
 午後は枝豆、落花生、玉葱、カボチャの収穫と畑の管理作業、
 お楽しみ試食会というプログラム。
 参加されているのは17家族50名以上の申し込みがあり、
 毎年大人気だそうです。

  農業小学校指導員兼我等が辻村農場長

          農業小学校会場「砥山ふれあい果樹園」

 
朝礼 今日の作業内容説明 指導員 右から3人目が辻村さん

    運営指導に当たるのは協力会員農家9園と主催スタッフ。
    当日は指導員2名、女性ボランティア3名、運営スタッフ4名という体制でした。
    朝10:00の朝礼から本日のスタート。
    夜半に振っていた雨も上がり日が差してきた木陰で、子供達は収穫カゴの上に座り、指導員の出席取りに元気に返事をします。

リンゴの葉摘み作業開始  「これは取っていいけど、これはダメ」と丁寧な説明
   今日の作業説明の後は、早速リンゴ園へ向かいリンゴの葉摘み作業開始です。
   リンゴは太陽が当たらないと赤く熟すことができず、実に影を作っている葉を1枚ずつ丁寧に取ってやらなければなりません。
   作業中も「先生~!」と呼ばれた辻村さん、
   「この葉は取っていいけど、これはダメ!乱暴にちぎるとリンゴの実が落ちるからね」と優しく指導していきます。
   この作業は試食がないので子供達がやや飽きてくる、30分で作業終了。
   次はプルーンの収穫作業(これは試食付)、
   目の色が変わった子供達に先生は
実の熟し度合いの見方やもぎ方(これも乱暴に取ると他の実が落ちる)
   など懇切丁寧に指導します。
保護者の皆さんも試食に大忙し

        指導員から作業開始の号令が出ると、子供達も親御さんも一斉に実もたわわなプルーンの木に群がり、
        収穫目的なのか食べる目的なのかよく判らない収穫作業となりました。

プルーン収穫実習は試食の方が忙しい ?  これは熟しているかな ? 

     冒頭でも記載しましたが、辻村さんはOB会ヤマハファームの農場長もされており、
     ファームでは我々
参加会員の熱血指導(?)をされています。
     今回は対OB会員への指導とは別の顔・声色を見せていただいた取材となりました。
     次回開催は10月(今年度最終回)、また数多くの野菜・果物の収穫と試食会で目を輝かせた子供達にお腹イッパイ、
     北海道の自然を満喫させてくれる事でしょう。
                               
     色々な顔を持つ辻村さん。他にも少年野球のコーチ、札幌市藤野神社役員、藤野町内会役員地域農業支援など
     多方面に数々のボランティア活動で忙しい日々を過ごされています。
     存じ上げている現役当時のご本人が、40年経った今でも当時と変わらない
     バイタリティと生活の充実感に感服した筆者ではありました。


会員の広場 へ戻る  道産子通信TOPへ戻る


































2017.09.16 作成 長尾